日本語教師になるためには資格が必要?

これもまた、いろいろな人が疑問に思っている点のようです。
日本語教師に関しては、国家資格がありません。
国家資格があれば明確な目標として、「日本語教師になるためには国家試験に合格しなければならない」となるでしょう。
しかし、国家資格がありませんので、極論にはなりますが誰でも日本語教師になれるのです。

ボランティアで日本語教師を務めている方もいらっしゃいます。
そのような方々の中には特に資格を持っている訳ではないという方もとても多いのです。
ですが、日本語教師の求人を見てみると、大抵条件が課せられているのです。
それは、「大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業している事」
「日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けている事」
「日本語教育能力検定試験に合格していること」が挙げられます。
一応は明確な基準が出来ているため、多くの人がこれはクリアしていると言われています。
どのような形であれ、これらを満たす事で日本語教師としての道が開けると言っても良いでしょう。

「教える」ということを意識してください

日本語教師になるためには、日本語を話せるのはもちろんですが、「教える」という事を意識しなければならないのです。
日本人であれば日本語を話せて当然ですが、では教える事が出来るのか。

この点が大きな争点と言っても良いのです。
話せる事と、教える事は似ているようでまったく違うものです。
ですので、先に挙げた機関で、「教える」という事がどのような事なのか。
更には外国人相手に教えるという事がどのような事なのか。
この点の理解を深め、教師への道を進むために勉強する事になるのです。
日本語教師の存在は決して小さなものではありません。

日本語を習得したいと考えている人にとって貴重な存在である事はみなさんおわかりかと思います。
どのような日本語教師から教わったかによって、日本語そのもののレベルが異なってくると言っても過言ではないのです。
教わる側としても出来れば良い先生に教わりたいと思っているのは言うまでもないはずです。
そのためにも日本語を教えるという事がどのような事なのかをしっかりと勉強しなければならないのです。

先に条件を3つ挙げましたが、状況等によってはまた微妙に条件が事もあります。
むしろそれが珍しくなかったりしますので、
細かい条件はあるにせよ、基本的には先の3つと何かが加味される事になります。
例えばビジネス会話となると、先の3つに加え、ビジネス的な資格だったりを求められる事もあります。
ここでは、日本語教師の有資格者になるためにはどうしたらいいのかという点について具体的に紹介いたします。

大学で日本語を専攻するのは日本語教師の条件の一つです。

日本語能力検定とはどういったものか。

日本語教師になるためには、420時間以上の教育を受ける必要があります。