NAFLは日本語教育能力検定試験のためのカリキュラムを提供してくれている通信講座です。NAFLは合格率がとても高い事で知られています。

日本語教育能力検定試験の合格率は20%台を推移しているのですが、NAFLの合格率はおよそ50%。二人に一人が合格しているのです。数字的に物足りないと思うかもしれませんが、難関試験である点を考慮すると、驚異的な合格率と言えるのではないでしょうか。

また、費用もリーズナブルです。学校に通うとなるとどうしてもそれなりのお金が必要になりますが、NAFLであれば10万円かかりません。この価格で日本語教師を目指す事が出来、さらには驚異的な合格率を誇るのがNAFLです。

通信制だからといっても教材はかなり本格的で、難解なだけではなく、面白さもあるため、解りやすいだけではなく、学習意欲を継続しやすいと言われています。

この点は通信制という点をしっかりと考慮してくれているからなのでしょう。通信制の場合、自分自身のモチベーションこそがもっとも大切になってくるのですが、モチベーションを保つための工夫をNAFLが行ってくれているのです。

このおかげで、NAFLの合格率は高いものになっているのでしょう。