KEC日本語学院は少人数制にこだわった学校です。そのため一人あたりの実習や演習の回数が多くなるため、授業がより身に付くと言われています。

文化庁指針の420時間対応カリキュラムとなっている点も安心ですが、授業振り替え制度やビデオ補講講座、そして3年間の無料際履修制度がありますので、長くお世話になる事が可能とも言えます。

また、提携日本語学校がありますので、そちらへの就職のフォローも行ってくれますから、試験そのものはもちろんですが、就職面までしっかりとサポートしてくれる事になるのです。

また、家庭教師の派遣やインターネットにも積極的に力を入れてくれている事もありますので生徒にとってはとても良い環境で勉強に励む事が出来るとされています。

勉強のノウハウだけではなく、就職関連までサポートしてくれる点はなかなかにありがたいものですから、試験の合格だけではなく、就職面でもお世話をしてもらいたいと思っている人にとってはKEC日本語学院は良い選択肢になるかもしれません。

また、KEC日本語学院も教育訓練給付金の対象講座となっていますので、費用の面でも思った程大きな負担とはならないと感じている生徒が多いようです。