就職先のサポートも受けられる

赤門会日本語学校はこちらの学校で日本語講師として必要な教養を学んだあと就職先のサポートを受けることができます。
こちらの学校では13ものレベルに合わせて、それぞれが教室に通うことができます。
もちろん教えてくれるのはベテラン教師となっていて、日本語を教えるだけでなく、日本語を教える側を目指す生徒を対象としたクラスもあります。

またそのほかにも外国語をマスターしたいという日本人に対しても授業を行っています。
クラスは担任制となっていて、専任スタッフが前述の通り、最終的には進学先や就職先までをサポートしてくれます。
海外から日本語を学びに来た学生さんに対し、一人一人のレベルに合わせながら授業を行いますので満足度も高く、さらには上達度も早い学校になっています。

赤門会は20以上の私立大学それから25以上の専門学校と提携をしていることもあり、こういった学校に進学する際には優遇措置が受けられるようになっています。
このような部分でのメリットも非常に多い学校で、またパソコンルームや自習室曲がるに関しては24時間いつでも自由に使うことができるので、学生さんの息抜きや自らのスキルアップも積極的に行うことができます。

学習環境が良い

赤門会日本語学校では学習する上で、学習課環境が非常に良いことも知られています。
やはり勉強していく中で、環境権に不満を持ってしまうと、思うように勉強もはかどっていません。
しかし、こちらの学校では快適な環境を整えるために勉強するための校舎は新築で耐震構造を取り入れています。

海外から日本語を学びに来る学生に関しては中国語、韓国語、ベトナム語、モンゴル語、日本語、英語といった言葉を使いながら生活そのものをサポートしてくれます。
また学習をしていく中で課外活動や遠足などといったイベントも取り入れていますので、海外からの学生さんは日本の文化を学ぶ、さらには日本特有の様々なイベントを学び楽しい時間を過ごしながら、思い出作りができます。

4月入学式をはじめとして5月には新入生の歓迎をするためバス遠足があります。
6月になるとお神輿のイベントや華道教室、7月にはアウトドアとしてバーベキュー、8月は富士登山があります。
9月には弁論大会が行われ、10月には茶道教室11月には着付け体験また、お正月には餅つき大会が行われることや3月に卒業旅行が行われることでも注目度が高い学校です。

寮での生活をしながら通える

学校に通う方々のライフスタイルをしっかり整えるのは、とても大変なことです。
特に学生さんは費用面でも苦労してしまうことが多いでしょう。
赤門会日本語学校では、こういった学生さんをサポートするため、寮を管理していますので、こちらの寮で生活をしながら学校に通うことができます。

また奨学金制度なども整っており、生活のために必要なアルバイト探しを支援する事も行っています。
履歴書の書き方をはじめ模擬面接などを行うことで、海外の方でも日本でアルバイトをする際に自信を持って面接に挑むことができるでしょう。
こういった環境の中で日本語講師として働く方々は、常にスキルアップをすることができ、なおかつ多くの学生さんと携わりながら人間としてのキャリアを積むこともできます。