代表的な学校をピックアップ

日本語教師養成講座を開講している専門学校をいつかご紹介していきます。
数はとても多いので、ここでは代表的な学校をご紹介していきたいと思います。

通学するのであれば、今度はどの学校に通うべきかを考慮しなければなりません。
立地の問題もありますし、学費の問題もありますが、どのようなカリキュラムを提供してくれているのか。
実績はどの程度なのか。
この点が気になる部分なのではないでしょうか。

特に学校によってカリキュラムは異なりますので、日本語教師になれるかどうかは、選ぶ学校次第と言っても決して過言ではありません。
基本的には通える距離にあるのかどうかという立地の問題が挙げられるでしょう。
遠い所では勉強そのものは楽しいと感じたとしても、通学そのものが困難なおかげで通学がままならないものになってしまうケースも有り得ます。
やる気そのものはあったものの、時間がかかりすぎるため、ついつい足が遠のいてしまうケースも珍しくありません。
ですから大前提として立地が大切になるのです。
さらにはどのような授業を展開してくれているのか。
日本語教師となってしっかりと活躍する事が出来るのかどうかという点も問われているのです。

日本語教師になるだけではなく、日本語教師となってしっかりと活躍する事が出来るのかどうか。
この点まで考慮した学校選びが大切になってくるのは言うまでもありません。

ですが、入学してみないと解らない事が多いのではないかと不安に感じている人も多いかもしれません。
どのような特徴がある学校なのかをいろいろと見てみるとしましょう。
選ぶ学校によっては難易度が異なるのはもちろんですが、教え方も違います。
自分に合っているかどうかというのは通ってみなければ解らないものではあります。
ある程度資料を集める事が大切になってくるのです。

入学してから「こんなはずじゃなかった」と思っても遅いのです。
入学する前にある程度知っておくべき部分というのは多々ありますので、よくよく考慮した上で学校を選ぶべきです。
知名度があるから自分に適しているという訳ではないのです。
知名度があったとしても、自分にはあまり合わないと感じてしまう事だって珍しくありません。
むしろそのように思ってしまったら、学校に通うモチベーションそのものが低下してしまう事にもなりかねませんので、入学する前にある程度調べておきましょう。

授業内容だけではなく、学費等の問題もありますので、総合的に考慮した上で学校を選ぶようにすべきでしょう。
ここでは、日本語教師を目指すための専門学校や通信講座にはどういったものがあるのか、ご紹介いたします。

ヒューマンアカデミーでは様々な試験の勉強ができます。

大阪YWCA専門学校

基礎をしっかりと教えてくれる大阪YWCA専門学校について紹介します。

東京外語専門学校

知名度も高い東京外語専門学校について。

KEC日本語学院

少人数制にこだわったKEC日本語学院。

インターカルト日本語学校

インターカルト日本語学校の特徴は教壇実習があることです。

ニューヨークアカデミー

ニューヨークアカデミーでは様々なコースを用意しています。

NAFL

合格率の高さでも有名なNAFLについて。

BBI

株式会社Big Bridge Internationalは通信制という仕組みをとっています。

WJLC

WJLC(ワールドジャパニーズランゲージセンター)の特徴は、期間の短さとリーズナブルさです。