日本語教師とは

外国語学校に通うと、最短の場合には三ヶ月で日本語教師になれる方法があるそうです。
日本語教師というのはどのようなものでしょうか?
国内の小学校・中学校・高等学校の国語の先生とは非常に違っており、特別な訓練が日本語教師の資格を取るためには必要です。

日本語の教育機関に日本語教師として応募する場合には、日本語教育あるいは日本語を主専攻または副専攻として大学で修了していること、日本語の教育能力試験に受かっていること、420時間の日本語教師の養成講座を修了していること、のうちのどれか一つを満足していることが条件になります。
このうち、420時間の日本語教師の養成講座の場合には、日本語の教授法、日本語の音声、日本語の文法、言語学などを理論講座において学び、教え方の実際の技術を実技の授業において学びます。
さらに、日本語教師の場合に必要な日本独自の文化である食文化・習慣・宗教なども教えてくれるため、このような幅広い日本についての知識も吸収することができます。

日本語教師の仕事の魅力

どのような魅力が日本語教師の仕事にはあるのでしょうか?
日本語教師の仕事の魅力は、年齢とは無関係に教えることが可能、国内から世界中に仕事の舞台が広がる、日本語が全く理解できない学生が、だんだん日本語をマスターしていく様子を見ることができるのでやりがいがある、ということです。

外国語学校の特徴

日本語教師の養成講座がある外国語学校はどのような特徴があるのでしょうか?
効率よく、集中的に学ぶことで、最短の場合には短い3ヶ月という期間で420時間を達成することできます。
わずか3ヶ月でコースを修了すれば、国内、国外においてすぐに日本語教師として仕事をすることができます。

受講のチャンスを多くの人が持てるように、低めの授業料になっています。 
申込みを早めに行うと、入学金が早期割引ということで全額免除になります。

英語が話せないということで困ることはありません。
日本語を日本語で教える方法で指導してくれます。
また、全てテキストも日本語になっています。

少ない人数と質の高い授業を行っています。
1つクラスの定員は12人が限度です。

また、講師は日本語を単に教えるというだけではありません。
全てのスタッフは、バイリンガルでイギリスに留学した経験があります。
日本語教師になる人々を、外国語を自分が学習した経験を活用しながらサポートしてくれます。

実際に授業をしているところを、外国語学校内で見学したり、実習したりすることができます。
外国語学校までのアクセスが良く、駅から徒歩3分と非常に便利なところにあります。
県内だけでなく、電車を使えば、都内からでも40分、他の県の主要都市からでも1時間余りで通うことができます。