日本語教師の悩み

日本語教師をしていると、いろいろな悩みがあるそうです。
ここでは、日本語教師の日本語の教え方の悩みについてご紹介しましょう。
日本語教師で、現在日本語を教えている人だけでなく、今後日本語を教えていく人も、ぜひ参考にしてみましょう。

よく日本語ができる生徒とそうでもない生徒が同じクラスの中にいる場合、どのような工夫を指導面においてするといいのでしょうか?
大きな学力の違いがあるクラスを教える場合の苦労は、日本語を教える場合に限ったことではないと考えられます。

しかしながら、日本語を教える場合には、生徒が多様な背景であるというような問題がプラスされます。
実際に各地の日本語教師の悩みを確認してみると、一番多い問題は学力の違いと生徒数の多さということだそうです。

学力が似たような生徒を募集するための試験のことはよく言われています。
しかしながら、現実的には学力の違いがないクラスは非常に少ないと言えます。

学力の違いがあるクラスを教えるには

学力の違いがあるクラスを教える場合には、生徒の理解を得ることが必要です。
具体的な手段も大事ですが、教室の複雑な運営に失敗しないためには、情緒面・精神面において互いに生徒が積極的であり協力的であることが大事です。
学力の違いを克服してクラス活動で全員が伸びるために、教師と生徒、生徒同士が協力することが大事であるということについて生徒の納得と理解を得るのは、実行するのは難しいことですが、大切なことです。

学力の違いがあるクラスを教える場合には、進んだ生徒の扱いが大事です。
学力のある生徒が無駄に時間を過ごしたり、退屈したりしていると思わせたりしないためには、他の課題を提出させたり、別の生徒の手伝いをさせたりすることがあります。

課題の場合は、日本語教師が負担にならないくらいに見て返します。
別の生徒の手伝いをさせるのは、日本語教師が練習問題などの答を教える前に進んでいる生徒に答えさせた後で全員に答えさせるなど、助手的な手伝いをさせることです。

学力の違いがあるクラスを教える場合には、遅れた生徒の扱いが大事です。
遅れた生徒に対しては、課題の最低限のものを行うように要求して、出番を教室で与えます。
書いたものの場合には大きな負担になるため、文型練習などで基本的な練習してきた型を答えさせるなど、必ず答えることができて自信があるようなものを選ぶことが大事です。

学力の違いがあるクラスを教える場合には、グループ活動が大切です。
この方法は日本語教師が生徒の学力の違いや多い人数の解決ために行っているもので、課題をいくつかのグループに分けて与えて発表させるものです。
生徒同士がグループの中で、案外上手に役割を分担する場合も多いそうです。