向いている人はどのような人?

大前提として人に物を教える事が好きだったり苦ではない人です。
そして外国人に対して偏見もなければ、接する事そのものが特に苦ではないという人です。

基本的には外国人を相手にする事になります。
外国人に対して偏見を持っていたり、あるいはちょっとした恐怖感がある人は、真摯に向き合う事が難しいなんてこともありえます。
そのような方は、日本語教師にはあまり向いていないといわざるを得ません。

また、日本語教師という職業は実は自分で行わなければならない事が多々あるとされています。
授業をどのように進めるのかは大まかには指示されていますが、細かい部分は自分自身で考えなければならないのです。
生徒の理解力を見て自分自身で授業を組み立てて行く事になりますので、自分自身であれこれ構築する事が得意な人もまた、日本語教師に向いているとされています。
また、好奇心旺盛な人もまた、日本語教師に向いていると言われています。

生徒はいろいろな国の外国人になりますので、いわば様々な事を吸収する事が出来るとも言えます。
日本人の生徒に比べ、異文化で育って生徒たちが相手なのですから、その気になればいろいろな事を教えてもらう事が出来るのです。
母国ではどのような文化なのか。
流行、風習、価値観。
これらをダイレクトに知る事が出来る点は日本語教師の最大の魅力とも言われています。
わざわざ調べる事なく、目の前にたくさんの生徒達がいるのですから、異国文化を知る機会に溢れているのです。

実際、日本語教師で旅行が趣味という人はとても多いと言われています。
国内ではなく、国外に旅行し、生徒たちから教えてもらった情報や価値観を元に旅行を楽しんでいる日本語教師も多いと言われています。
日本語を教えるお仕事ではありますが、自分自身も異国の言葉をある程度は覚える事が出来ます。

コミュニケーションの基本は言葉

言葉だけが全てではありませんが、言葉がとても大切なものになってくるのは言うまでもありません。
そのため、日本語教師は日本語を一方的に教えるだけではなく、
自らも異国語を覚え、生徒と円滑なコミュニケーションを行っているのです。
創意工夫、異国文化との出会い。

これらに興味がある人は日本語教師に向いていると言われていますが、
やはり前提になるのは「人に物を教える」という事になりますから、教える事が好きな人が大前提になります。
人それぞれの速度ではありますが、徐々に日本語を覚えていきます。
そしてその理解度は自分自身次第でもあるのですから、いろいろな面でやり甲斐のあるお仕事です。
やり甲斐を求めている人にも向いているお仕事です。

参考記事1:日本語教師に求められるもの
参考記事2:異文化コミュニケーションの難しさ