日本語を教えるには

特に文法ですが、日本語は英語と基本的に文法における考え方が異なります。
外国人は日本語が難しいと感じる部分は多々あると言われているのです。
そして、文法も難しいものと言われています。

文法を教える上で肝となるのはやはり反復になるのです。
基礎の部分をしっかりと教えておかなければ、いくら反復しても意味がありません。

文法の基礎となるのは主語と述語、そして動詞。
これらの関係をしっかりと教えなければならない点です。
「何が」「どうした」という、この主語述語の関係をしっかりと理解出来ないと文法はなかなか身に付きません。
そして日本語は基本的に主語が初めで述語が後という事。
これを教えるだけで文法の理解度はかなり高まります。
いきなり応用を教えても理解出来る人はそうそういません。
ですが、基本的な部分を教える事で日本語の文法の基礎を何となく理解する事が出来ます。

文法と共に必要不可欠な単語

そして文法を教える上で大切なのは、言うまでも無く単語です。
これはどの国の言語でも同じですが、単語そのものをしっかりと理解しておかなければ、意味が解らないのですから文法どころの話ではありません。
文法を理解出来るかどうかは、結局の所、単語を理解しているかどうかという点に尽きるのです。
単語をしっかりと理解しておく事が文法を覚える上での最短ルートです。

そもそも、先に主語と述語があるとお話ししましたが、その単語を覚えておかなければ意味がありません。
ですからまずは単語を意味も含めて覚えてもらう事になるのですが、これもまた、なかなか難しいものです。
特定の国の生徒だけであれば教える方も楽なのですが、いろいろな国の生徒がいますので、特定の言葉では通用しないケースもあります。

そのため、授業に於いては出来る限り日本語で教えるべきです。
でなければ不公平が出てしまいますし、理解度にも差が出てきてしまいます。
相手の母国語を喋って教えてあげたいという気持ちに駆られる事も珍しくないでしょう。

不公平は授業のモチベーションの低下を生む要因にもなります。
「自分には懇意ではない」と思ってしまったら、モチベーションなど保てる訳がありません。
ビジネスではありますが、モチベーションの大切さです。

これは外国人だからという事ではないはずです。
日本人だって贔屓が過ぎる生徒がいれば、つまらない気持ちになってしまうのではないでしょうか。
ですので、単語は自分で覚えてもらうようにするのが良いとされています。
覚えてきてもらった方が授業がスムーズですし、何より不公平も出ません。
いきなり幾つもの単語を覚えろとするのはハードなものです。
生徒達の力量を見て、どれくらいの宿題を課すのが良いのかをよくよく考慮した上で宿題を出すようにしましょう。

単語を覚えてもらったら、それが主語なのか述語なのか。
そして主語から先で述語が後。
この日本語文法の基礎を理解すれば、日本語のレベルが一気に上昇します。

参考記事1:単語を覚える重要性
参考記事2:モチベーションの大切さ