日本語教師とはどのような存在なのか。

基本的には日本語を教えるお仕事になりますが、生徒は外国人です。
日本語の基礎から教える事になり、文法、会話、漢字。
これらを教えて行く事になりますが、難しい部分としては、生徒の国籍が様々だという点です。
特定の国だけであればコミュニケーションも容易でしょう。

しかし、語学学校に通う生徒の国籍は様々です。
アジア圏はもちろん、アメリカ、南米、ヨーロッパ、アフリカ、中東、
近年では経済成長著しいアジア諸国(シンガポールやベトナム、タイ、フィリピンなど)からの留学生が増えていると言われています。
これらの国からの留学生が増えていますので、コミュニケーションがとても難しいのです。
母国語が異なる生徒たちに日本語を教えていくことになるので、その苦労は想像を絶するものがあるのは言うまでもありません。
ですが、やりがいという点では素晴らしいものがあります。
自分が教える事で目に見えて日本語の力が高くなっていくのです。
入学時には全然日本語を喋れなかった生徒が、徐々にではありますが、日本語を覚えて会話を楽しむ事が出来るようになってくる。
これは日本語教師の最大の喜びとも言われています。

また、教える事で自分自身も改めて日本語の事を勉強する事が出来るとも言われています。
何気なく使っている日本語も、実は奥深い部分があります。
特に日本語は様々な表現が多く、諺もあれば独特の言い回しもあります。
その点では世界有数の難しさと言ってもいいのですが、人に教える事で自分自身も正しい日本語を知る事が出来るようにもなるのです。

気になる収入は?

どのような環境で日本語教師を行うかによってかなり差があるようです。
日本で日本語教師を行っているケースもあれば、外国の日本語学校で日本語教師として働いているというケースもあります。
こちらの場合はかなりの高収入になるようです。
日本円にして年収1,000万円を超えているケースもざらにあるようです。

また、副業で日本語教師を行っているというケースもあるようです。
この場合は時給制になるものの、それなりに高額のようです。
このように、日本語教師と言っても様々な働き方・ライフスタイルがあるのです。
特に日本語の需要が高まってきているおかげで、日本語教師の需要が高まっていますから、高収入に繋がっているのでしょう。
やり甲斐だけではなく、収入も付いて来るのはとても素晴らしいものです。

ですが、やり甲斐があるという事は、決して楽なお仕事ではないという事です。
特に多々言われているのが、相手は解らないものの自分は解っているのです。
そのため、「どうして解らないの?」と思ってしまう事が多々あると言われています。
日本人にとっては日本語は生まれた時から当たり前のように使っていたものです。
理解していて当然なのですが、外国人からすれば覚えなければならない事なのですから解らなくて当然です。

日本人も外国語を勉強しろと言われればとても難しいと感じるものなのではないでしょうか。
ですからその部分をしっかりと理解してあげる事がとても大切と言われています。
解らないのは当たり前。
そのように思う事が大切とされています。

日本語教師に向いている人とは?

外国人はどういった点で日本語の難しさを感じるのでしょうか。

文法の面で見た、日本語の教え方について。

日本語の教え方【漢字編】

日本語を教える際に特に厄介な存在となる漢字。

日本語の教え方【助詞編】

外国人が苦戦する助詞の使い方について。

仕事の大変さ

日本語教師として働くことの大変さとは。