世の中には様々な職業があります。
どれくらいあるかなど、みなさん検討もつかないかもしれません。
とにかく様々な職業がありますが、どれも様々な難しさがあるものです。

minna様々なお仕事があるとお話ししましたが、「教師」と呼ばれるお仕事も様々です。
その中でも日本語の難しさを改めて実感させられる仕事と言えば、『日本語教師』です。
日本人にとって日本語は生まれた頃から使っているものですから馴染みがありますよね。
それでもたまには「日本語は難しい」と感じる事もあるかと思うことはあるかもしれません。
特に、教育に於いて肝となるのは言うまでも無くコミュニケーションです。
意思疎通が行えなければ教える事が難しくなります。

主に外国人の方に教えていくことになるのですが、ほとんどの外国人は日本語がよく解りません。
意欲はありますが、言葉の壁はとても厚いもの。
特に学習を始めて間もない頃はコミュニケーションがままならないため、
何から教えて良いのか解らないだけではなく、本当に伝わっているのか。
自分自身の能力にすら疑問符を抱かざるを得ないこともあるでしょう。
しかし、その一方では日本語教師の需要はとても高くなっています。

島国でもある日本には、世界遺産なども多くあることもあり、訪れる人は年々増えています。
観光客のみならず、留学生も増えてきています。

留学生が増えて着ている理由としては、世界の中でも屈指の経済大国でもあることから、
日本で学んだ事を本国に活かしたいと考えている留学生が訪れているのです。
経済成長を遂げている国もあれば、政府レベルで教育に力を入れている国もあります。
そこで日本に留学生として訪れる外国人が増えているのです。
また、日本語を勉強する事で日系企業への就職も見えてきますし、
発展途上国にとって、日本は様々な事を吸収する事が出来る国です。
その上他の国に比べて治安も良く、モラルの高い人々が多いことから、安心して生活を送る事が出来るとも言われています。

しかし、日常生活を送る上で大切な事は多々あります。
その中でも基本と言っても良いのが言葉です。
日本で生活を送る以上、日本語が喋れなければ快適な生活を送る事は出来ません。
ですが先に述べた事情もあり、留学生は物凄い勢いで増えているため、日本語教師の需要も高まっているのです。
かつて外国人の存在はとても珍しいものでしたが、近年では決して珍しい存在ではなくなっています。
経営者であれば、外国人留学生のアルバイトを雇っているという人もいるかもしれません。
それだけ外国人の存在が身近なものになっているのですが、だからこそ日本語教師の存在が改めてクローズアップされているのです。
では日本語教師になるためには何が必要なのか。
そしてどのような環境にあるのか。

日本語教師になってみたいと思っている人もいるかもしれませんが、
その実態はまだまだよく解っていないという人も多いかもしれません。
そこで、日本語教師はどのようなお仕事なのかをいろいろとお話ししていきたいと思います。

日本語教師の基本情報について解説していきます。

日本語教師として働くために資格は必要なのでしょうか?そんな疑問にもお答えしていきます。

専門スクールを利用して取得している人もいます。
どのような学校があるのかピックアップしていきます。